忍者ブログ
主に自分の趣味についてのブログです。
[43] [44] [47] [46] [45] [28] [18] [26] [25] [27] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さとうきび畑の唄 完全版さとうきび畑の唄 完全版
出演:勝地京 /大平奈津美 /オダギリジョー /森山良子 /本仮屋ユイカ
TBS
発売日 2004-01-23
定価:¥6,090(税込)
価格:¥4,872(税込)


森山良子の名曲「さとうきび畑」をモチーフに、戦渦に巻き込まれながらも希望を捨てずに明るく生きていこうとした家族と沖縄戦の悲劇を描いた戦争ドラマ。大阪出身の平山幸一(明石家さんま)は良家の子女・美知子(黒木瞳)と駆け落ちして、那覇で小さな写真館を営んでいた。長男の勇(坂口憲二)は学校の先生をしている紀子(仲間由紀恵)と結婚、さらには美知子が幸一にとっての6人目の子どもを身ごもったことがわかる。そんな中、アメリカとの戦争が勃発。幸せそのものだった平山家に暗雲が立ち込めてくる。
主演の明石家さんまは出演依頼の前日にカラオケで「さとうきび畑」を歌っていて、運命的なものを感じてこの役柄を引き受けたらしい。なるほど主人公には、明石家さんまのキャラクターが色濃く投影されているように思われる。より一般的な理解度を求めたせいか、ドラマの成り行きは全般的に甘め。沖縄戦そのものを描いた作品というよりも、明るいアプローチから戦争によって悲惨な運命をたどる家族を描くことに焦点が当てられているドラマだ。再三登場するさとうきび畑が壮観。(麻生結一)

とても質の高い贅沢な作品だと思います。 2004-09-05
『(HPからの引用)テレビ番組の賞として世界的に権威のある「エミー賞」のテレビ映画・ミニシリーズ部門アジア・アフリカ予選を通過し、9月の本選進出が決定しました。(2004.7.22 up)』・・・というのもうなずけます。「泣かせよう」というのではなく、あくまで沖縄戦争のリアリティを追求した派手過ぎない脚本・演出にも素直に共感できます。戦争の非情さだけでなく、家族愛、人間愛をもふくめたストーリーの主役をさんまさんが好演しています。彼だけでなく、ほかのキャストの方々もそれぞれ「いい仕事」をされており、ファンでなくとも納得のいく作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセス
最新CM
プロフィール
HN:
レオ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/31
職業:
会社員
自己紹介:
会社員をしているレオと申します。
バーコード
アーカイブ