忍者ブログ
主に自分の趣味についてのブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エースをねらえ! DVD-BOXエースをねらえ! DVD-BOX
出演:
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-07-23
定価:¥19,950(税込)
価格:¥17,955(税込)


スポ根少女コミックの金字塔、『エースをねらえ!』を初めて実写としてドラマ化。西高の入学式の日、テニスコートで華麗にプレーするお蝶夫人(松本莉緒)に魅せられて、岡ひろみ(上戸彩)はテニス部への入部を決意する。ひろみの腕前は、高校からテニスをはじめた初心組の中でも下位レベル。ところが、新任のコーチ・宗方(内野聖陽)は地区大会の選手としてひろみを抜擢する。
あの『エースをねらえ!』の世界観を実写で再現することは難しかろうという先入観は、あっさりと裏切られる。下手な小細工などせずひたすら原作に忠実であろうとした姿勢や、ケレン味なくスポ根ドラマとしてのあり方を徹底させた点が効を奏して、暴挙とも思えた映像化の試みは予想以上に上手くいっている。誠実に原作と向き合った上で、長編ロマンのボリュームを全9話に凝縮させた脚色もお見事。お蝶夫人や宗方といったコミックでしかありえないと思われた強烈なキャラクターたちが、模倣を超えて人間ぽく描かれているあたりも意外だった。もちろん、モノローグの嵐、心の声の凄みといった『エースのねらえ!』の『エースをねらえ!』たるよさは満載で、ノスタルジーを乗り越えて青春の熱い思いがドラマティックに伝わってくる。(麻生結一)

まあまあかな? 2004-07-29
購入しました! 内容はすばらしいのですが、何の変哲もないただの紙箱、トールケースの表もすべて同じ絵柄、パンフ等の付属物はいっさいなしの手抜き商品だと思います。もう少しファンを喜ばせる工夫がほしかったな〜。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。
PR
アタックNo.1 DVD-BOXアタックNo.1 DVD-BOX
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2005-09-21
定価:¥19,950(税込)
価格:¥17,955(税込)


熱血スポ根アニメのバイブル的作品である同名少女マンガの初の実写ドラマ化。富士見学院高校バレー部の2年生・鮎原こずえ(上戸彩)のもとに全日本高校選抜に選ばれたという知らせが入った。親友でチームのエースでもある早川みどり(酒井彩名)ではなく、こずえが選ばれたことに先輩たちからの風当たりも強くなるが、こずえは意気込んで選抜の合宿に参加することに。三位一体攻撃で名を馳せる八木沢三姉妹の長女・八木沢香(宮地真緒)や何かにつけて反抗的な三条美智留(遠野凪子)ら全国から集められた個性的なメンバーたちとともに、こずえは監督・猪野熊大吾(船越英一郎)による理不尽なまでの地獄の特訓に立ち向かうことになる。
『エースをねらえ』に引き続いて、同じくスポーツドラマに主演した上戸彩がヒロイン役を好演。そのこずえと猪野熊が繰り広げるバトルの数々は、ドラマのテンションとは別次元の域にある。船越英一郎が演じる猪野熊の鬼コーチぶりは、そのなりきりぶりが必見だ。(麻生結一)

早く発売してほしい 2005-06-23
とうとう最終回を迎えたアタックNo.1ですが、
割と早くDVDボックスが出るので、見逃した人にはオススメ。
終わり方は正直・・・でしたが、
若い俳優さん達の演技が、とても胸に残りました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。
NHK大河ドラマ 義経 完全版 第壱集NHK大河ドラマ 義経 完全版 第壱集
出演:
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2006-01-25
定価:¥36,750(税込)
価格:¥33,075(税込)


貴族から武士へと政権が移り変わっていく平安末期の乱世、平家に父を殺された源氏の源義経(滝沢秀明)は武蔵坊弁慶(松平健)などの家来を従え、兄・頼朝(中井貴一)の下へ駆けつけて、平家打倒に多大な貢献を果たすが…。
ご存知、美貌と悲劇の英雄・源義経の生涯を追った2005年のNHK大河ドラマ。第壱集はおよそ半年分の前半部1話から27話を収録。イケメン滝沢は皆がイメージする伝説の義経像(実際の義経は粗野でブ男だったという説もあるが)にぴったりで、回を追うごとに俳優として成長していくのがみてとれ、それが義経の成長ともシンクロしているのがいい。仲間たちとの出会いや連携も丁寧に描かれている。一方、平家側にはもう少し貫禄がほしかったところ。全体的にじっくり丁寧な出来だが、その分史実を知る者にはじれったさを感じるところもあるかも。岩代太郎の音楽は、最近の大河ドラマ音楽の中で出色の出来であった。(増當竜也)

大河ドラマの傑作! 2005-10-26
近年不作続きの大河ドラマに、久しぶりの名作が登場した気がする2005年の大河ドラマ。
大河というと、戦国時代が中心であまり登場しない平安末期ですが、これで浸透して木曾義仲を主人公に扱った大河が出来てもいいのではないかと思わせる作りでした。
見事なキャスティングと女性原作者ならではの、細やかな人間関係の
心理描写でつづられた平安絵巻に圧巻です!
日本で最初のアイドルでもあり、悲劇のヒーローである義経を、滝沢秀明が、熱演。
そして、去年にも他局のドラマで弁慶を演じた松平健が、弁慶を見事に演じた。個性的な義経主従たちもさることながら、他のキャストも見事に大河を彩っている。
スタッフの細やかな映像美へのこだわりも、随所に感じられて毎回楽しませてもらいました。
五条大橋の弁慶と牛若丸の戦いの美しさは、圧巻です!
木曾義仲と巴御前を、きちんと描いた大河はもしかするとこれがはじめて?
(NHKのドラマだった「武蔵坊弁慶」ではきちんと扱ってたけど…)
それ以外にも、細かくこだわったオープニングの映像美なんかも改めて見返す価値ありです!
個人のDVD録画で何度も見返しているのですが、これはやはり特典や美しい映像美をしっかりと入手した上で何度も楽しみたい所です。
多少値段が高いのはやむ得ないのですが、保存版で何度も楽しみたいという方は絶対に入手すべき!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。
エースをねらえ! DVD-BOXエースをねらえ! DVD-BOX
出演:
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-07-23
定価:¥19,950(税込)
価格:¥17,955(税込)


スポ根少女コミックの金字塔、『エースをねらえ!』を初めて実写としてドラマ化。西高の入学式の日、テニスコートで華麗にプレーするお蝶夫人(松本莉緒)に魅せられて、岡ひろみ(上戸彩)はテニス部への入部を決意する。ひろみの腕前は、高校からテニスをはじめた初心組の中でも下位レベル。ところが、新任のコーチ・宗方(内野聖陽)は地区大会の選手としてひろみを抜擢する。
あの『エースをねらえ!』の世界観を実写で再現することは難しかろうという先入観は、あっさりと裏切られる。下手な小細工などせずひたすら原作に忠実であろうとした姿勢や、ケレン味なくスポ根ドラマとしてのあり方を徹底させた点が効を奏して、暴挙とも思えた映像化の試みは予想以上に上手くいっている。誠実に原作と向き合った上で、長編ロマンのボリュームを全9話に凝縮させた脚色もお見事。お蝶夫人や宗方といったコミックでしかありえないと思われた強烈なキャラクターたちが、模倣を超えて人間ぽく描かれているあたりも意外だった。もちろん、モノローグの嵐、心の声の凄みといった『エースのねらえ!』の『エースをねらえ!』たるよさは満載で、ノスタルジーを乗り越えて青春の熱い思いがドラマティックに伝わってくる。(麻生結一)

まあまあかな? 2004-07-29
購入しました! 内容はすばらしいのですが、何の変哲もないただの紙箱、トールケースの表もすべて同じ絵柄、パンフ等の付属物はいっさいなしの手抜き商品だと思います。もう少しファンを喜ばせる工夫がほしかったな〜。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。
アタックNo.1 DVD-BOXアタックNo.1 DVD-BOX
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2005-09-21
定価:¥19,950(税込)
価格:¥17,955(税込)


熱血スポ根アニメのバイブル的作品である同名少女マンガの初の実写ドラマ化。富士見学院高校バレー部の2年生・鮎原こずえ(上戸彩)のもとに全日本高校選抜に選ばれたという知らせが入った。親友でチームのエースでもある早川みどり(酒井彩名)ではなく、こずえが選ばれたことに先輩たちからの風当たりも強くなるが、こずえは意気込んで選抜の合宿に参加することに。三位一体攻撃で名を馳せる八木沢三姉妹の長女・八木沢香(宮地真緒)や何かにつけて反抗的な三条美智留(遠野凪子)ら全国から集められた個性的なメンバーたちとともに、こずえは監督・猪野熊大吾(船越英一郎)による理不尽なまでの地獄の特訓に立ち向かうことになる。
『エースをねらえ』に引き続いて、同じくスポーツドラマに主演した上戸彩がヒロイン役を好演。そのこずえと猪野熊が繰り広げるバトルの数々は、ドラマのテンションとは別次元の域にある。船越英一郎が演じる猪野熊の鬼コーチぶりは、そのなりきりぶりが必見だ。(麻生結一)

早く発売してほしい 2005-06-23
とうとう最終回を迎えたアタックNo.1ですが、
割と早くDVDボックスが出るので、見逃した人にはオススメ。
終わり方は正直・・・でしたが、
若い俳優さん達の演技が、とても胸に残りました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/13に作成しました。


忍者ブログ [PR]
アクセス
最新CM
プロフィール
HN:
レオ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/31
職業:
会社員
自己紹介:
会社員をしているレオと申します。
バーコード
アーカイブ